《 カーセキュリティーシステム 》

 

CAR  SECURITY  SYSTEM

 

XⅢシリーズ

 

●メモリー液晶で常時表示が可能!

超低消費電力のメモリー液晶をリモコンディスプレイに採用。
表示によるバッテリーの消費を極限まで抑え、『常時表示』を可能にしました。アイコン部分の常時表示に加え、待受け画面は5種類からお好みで選択できます。
警戒状態(ARM/DISARM)をグラフィックで表示する事も可能です。
文字とアニメーションでお知らせする異常発生時の通報も高詳細ドットマトリクスで分かりやすく表現します。 重大な危険をお知らせする警報表示は、リモコン操作があるまで、4秒おきに表示とブザー音の継続(着信履歴)で確実にお知らせします。

 

 

販売価格税別施工料込み)

 

XⅢ

 

軽自動車

 

¥109,800〜

 

普通車

 

¥114,800〜

 

​輸入車

 

¥128,800〜

 

XTⅢ

 

軽自動車

 

¥140,500〜

 

普通車

 

¥145,500〜

 

​輸入車

 

¥159,500〜

 

●メニュー表示形式で高機能をカンタン操作

メニュー(文字)表示で操作をガイドします。メニューの番号のボタンを押すことで高機能・多機能を、カンタンに使いこなすことができます。

 

 

●ドライブレコーダーを設定した時間で記録

警告・警報時にユピテル製ドライブレコーダーを設定した時間で起動(録画) させることができ、不審者の行動を記録することができます。
※別途、ドライブレコーダー電源ケーブル: J-760が必要です。

 

●2アクションのダイレクト操作で素早い操作

 

●5ボタンで多彩な操作が可能

カーセキュリティの警戒開始・解除操作のほか、ドアロックのみの操作やオプション出力ポート・トランクオープン出力ポートに接続した車両装備の操作など、リモコンからカーセキュリティの多彩な操作が可能です。

 

 

 

●バイブレータ機能搭載(マナーモード搭載)

カーセキュリティ Grgo(ゴルゴ)ZXⅢシリーズは車両異常発生を通報音とバイブレータ(振動)でお知らせします。ポケットの中にあっても通報を逃しません。また、映画館など静かな場所では、通報音を鳴らさずにバイブレータで異常の発生をお知らせするマナーモードをご使用いただけます。

 

 

●待受け画面は5パターンから選択
(アイコンは常時表示)

 

選べる「警戒モード」

日本の風土や道路事情を考慮し、刻々と変化する駐車環境にマッチした
「選べる警戒モード」があなたの愛車を守ります。

 

●3モード警戒

駐車環境に応じた警戒モードを選択できます。

日中と夜間や自宅と会社の駐車場など、周囲の環境変化を考慮して、弱い衝撃と接近検知を各々、
別々の感度で警戒(警戒モードARM1・ARM2)できます。
※ARM3はドア・トランク・ボンネット・エンジン始動のみを警戒します。

 

お客様の駐車環境に合わせて自宅と会社、日中と夜間などの警戒モードを選択できます。

 

 

スイッチ系のセンサのみをONにして警戒するモードです。立体駐車場などに適しています。

 

 

カーセキュリティ Grgo(ゴルゴ)ZXⅢシリーズはご予算に応じたシステム構築が可能。全モデル共通のメインユニットを採用していますので、オプションの追加により上位モデルへグレードアップできます。
豊富な知識を持つ愛媛のGrgo販売指定
店の当店にご相談ください。